ゆるぎ整体

どうも、YUTAKAです。とりあえず、犬みたいに人懐こくて陽気な男だと思っててくれれば・・あとは人に害をなさない、人畜無害な人間と認識していただければ幸いです

あとは、マイプロフィールに散々答えたから、そこを見てどんな奴か判断してください!!

記事一覧(28)

花粉症と顔と首

昨夜70代の女性の方を訪問整体で診させていただきました。兎に角、鼻水鼻づまり、涙が四六時中止まらないとの訴え。いわゆる『花粉症』ってやつですね。(;^ω^)確かに、顔を拝見すると、目もむくんでショボショボ、鼻も詰まって息苦しそう。お聞きすると、3月初めに吹いた強風の際、何かを吸い込んだのか、あの日以来、突然症状が出て止まらない。肩は昔から常に凝っていて、首が回りにくい。そして、花粉症の薬を処方してもらったが、あまり効き目がない。弱めの降圧剤も常用してるとのこと。で、早速足の先から、腰、背中、首、顔と診させてもらうと・・背骨を中心軸として全部右側が硬く、神経が過敏な状態になっていました。なので、右半身中心に、足からじんわり緊張を緩めていくと、だんだん症状が落ち着いて来て、ウトウトする感じになり、首と鼻も右側の硬い部分に指を当てて、じーっと調整してると・・『あ、鼻通りました!』さらに、おでこの前髪の生え際のあたりに指を当ててじーっと待ってると。『さらに鼻がすっきり通りました!』と、言っていただけ一件落着(^^♪表情もスッキリして、全身調整して血流が良くなったようで、『身体も軽くなりました!』と、すごく喜んでもらえました(^◇^)あとは、しっかりお水を飲んで、花粉シーズンが落ち着くまでは、甘いもの沢山食べるのは控えて下さいね。とお伝えしてお家を後にしました。メデタシメデタシ・・という感じですが、花粉症になった際、自分の顔や首で左右どっちが過敏になってるか分かる場所があります。それは、①眉毛のきわ、②目袋の下ライン、③鼻翼の両サイド、④頬骨の下のライン。⑤おでこの前髪の生え際、⑥後ろ髪の襟足、生え際、⑦そこから指1本下の所。この7点を少し圧をかけて指でなぞると、左右どちらかが硬く、分厚くなってたり、少し痛く感じるかもしれません。その気になる部分にじっと指を当てて待っているか、少し弱めにマッサージしてあげるだけでも、過敏な状態が緩んできて、症状が軽くなるかもしれません。お試しあれ♪※繊細な部分なので、くれぐれも、ぐいぐい力を入れて揉まないでくださいね!

お知らせ・・( ノД`)シクシク…

内観2

座禅に移ったら、まずは呼吸に意識を向けるところから始めてみてください。目を軽く閉じて、鼻から吸って、お腹の隅々まで膨らませる感じです。そして、細く長くフーッと口から吐いていく。これをしばらく繰り返していると、だんだん慣れてきます。慣れてきたら、身体をほぐした時に緊張したり、硬い感じがしたところ、もしくは動きが鈍ったり、力が入りずらい所を意識して呼吸をしてみてください。 そして、吐くときに呼吸がその気になる場所に流れて、浸みこんでいくイメージで吐いてみてください。少しづつですが、気になる場所の感覚がはっきりしてくるようになると思います。そしたら、それ以上その場所をどうこうしようと考えず、あとはひたすら呼吸に意識して座り続けるだけです。 ただ、僕もそうですが目を閉じていると、色んな雑念が入れ替わり立ち代わり湧いてくると思います。例えば『今日はあれとこれをしなきゃ』『あいつ腹立つなー!』『もっとあの時こうすれば良かった・・』『あの時は楽しかったな~』等々、色んなイメージと感情が湧いてきます。それは、頭が日々の情報を整理しているので仕方ないです。ただ、同じイメージと感情に囚われないように気を付けてください。例えば、『アイツ腹立つ!(# ゚Д゚)』というイメージと感情に囚われていると、腹式呼吸も荒くなり、折角弛もうとしていた身体が硬くなっていき、座禅が全く逆効果になる恐れがあるからです。 なので、湧いてきたイメージと感情は川の流れのように流していってみてください。すると、あっという間に時間が過ぎて、気がつくと、心と身体がスッキリ、リセットされた感覚になると思います。そして気持ちよく1日がスタート出来ると思います。また、これを習慣のように繰り返していると、日々の生活の中で、感覚的に自分の鈍っているところ、過剰に力が入ってる所が分かるようになってきます。『あれ、なんか今日足の指に力がはいってないな』とか『あ、またお腹と肩に力が入ってる』とか、前まで無意識にスル―していた部分を意識できるようになってきます。そうすることで、心と身体が過敏な状態や鈍感な状態になる前に未然に防ぐことになり、これが、つまり心と身体のチューニング方法だと、僕は信じてやってます(;^ω^)(て、こんなこと偉そうに言ってますが、まだまだです・・)自分のことは自分で整えたいと思っている方は、是非トライしてみてください♪

内観

数日前に、心と身体のチューニングについて書き、過敏体質と鈍感体質のチューニング方法を紹介しました。それは身体をほぐすことと、座禅ということまで書きましたが、じゃあ、それをするとどんな変化が身体の中で起こるのか?どんな感じで心と身体が調整されるの?ということなのですが・・それを説明する言葉に『内観』があります。内側を観察するということです。どこの内側かといえば、身体の内側を観察するのです。おいおい、CTスキャンやMRIがあるわけでもないのに、どうやって身体の内側なんて観るんだよ!って思いますよね?全くその通りです。でも、意識する、感じることは可能です。人間は想像するのが得意です。身体の中も意識すれば、心で見ることが出来ます。それが『内観』です。身体のほぐしと、座禅はその『内観』を育てる、鍛えるための方法でもあります。※目を開いていると、『外観』(身体の外側)ばかりに意識が散ってしまうので、出来れば目をつむってやることをお勧めします。まず指や、身体の各関節をゆっくり回していく意味は、例えるなら機械の部品をいったんバラバラにして組み直す過程にあたります。関節のどの部分が動きにくいか、硬くなってるか、一つ一つ確認していく作業です。勢いでなく、ゆっくり動かすことで、それをはっきり感じ取ることが出来るのです。で、動きにくいところが全身に数か所見つかったとしても、無理に伸ばしたり、ねじったりする必要はありません。心地よいところで止めておかないと、身体は繊細なので、嫌な刺激は余計な緊張を誘発させます。『あ~、自分は普段こんなところに力が入ってるんだ』とか、『あれ?全然この部分動いてないし、力が入らない』ということに気が付くかもしれません。それが、過敏になっている所であり、鈍感になっているところでもあります。それが一通り意識出来たら、座禅に移ります。これは、その過敏や鈍感になっているところに意識を向ける過程にあたります。内観2につづく・・・

心と身体のチューニング2

前回の続きで、過敏と鈍感のチューニング方法なんですが、身体のほぐしと、座禅と書きました。で、僕がやっている方法をお伝えしますね。僕の場合、起床後1時間10分くらいかけてやるんですが、それはいきなりハードルが高いので、20分くらいで構わないので、お好きな時間帯でおためし下さい。①まずは、楽な体勢で座り、身体の関節という関節をクルクル回していきます。足の指を1本ずつ手でもって10回ほど回し、それがすんだら足首、膝、股関節、腰、と、回せる所は全部回す感じです。そして、その際気を付けるのは、決して力を入れたり、反動や勢いを利用しないこと。ゆっくり各関節を意識して回すことを心がけてください。(回りにくい所は無理に回す必要はありません。自分が動かせる、心地よい範囲で回してください)②それが済んだら、今度は上半身のほぐしで、手の指、手首、肘、肩、首とゆっくり10回ずつ、なるべく脱力してポカンとして回してください。※併せて、足裏のもみほぐしや、アキレス腱からふくらはぎへのもみほぐしもいいですよ。③次は座禅です。正座か、騎座か、あぐらでも構いません。座りにくい方は、お尻の下に座布団を差し込むと身体が安定しますよ。そして、手の平を膝の上に上向きで開いた状態で置いておき、背筋を無理のない程度伸ばし、下腹で呼吸するつもりでゆっくり長く、腹式呼吸をします。鼻からお腹の底に送り込むように吸って、口から細く長くじわーーっと吐いていく感じです。この呼吸の仕方は慣れるまでに少し時間がかかりますが、慣れると意識しなくても出来るようになります。あとはただひたすらボケーっとした気持ちで座っているだけです。身体のほぐし10分、座禅10分とか、ご自分で決めてされると良いかと思います。そして何より大事なのは続けること。1日や2日では自分の変化に気づけません。最低でも3週間は続けてみてください。で、それ続けたらどんな感じになるのよ?っていう肝心なところがまだなので、次回書く『内観』で説明したいと思います。(;^ω^)

心と身体のチューニング

過敏と鈍感について、先日書きましたが、もう少しこのことについて触れてみます。過敏と鈍感を別な言い方で例えると。人間以外の生き物にも備わっている、防衛本能に近いかと思います。生きる上で必要な様々な危険を察知し回避する能力なのですが、仮に察知するレベルが、1~10段階あるとしましょう。 過敏体質の方は、これが1~2段階くらいで、緊急警報を発令してしまってるのかな?と思います。そうすることで、外部から受ける負荷(肉体的、精神的疲労)に誰よりも早く気付き、対処することができる。でも、逆に些細な負荷で『我々は攻撃をうけているぞー!』としょっちゅう非常事態宣言を流しているため、常に心身が緊張し、疲労して、様々な症状が過剰に出やすくなってしまうのだと思います。 鈍感体質の方は、逆にこれが9~10段階にならないと、緊急警報を発令しない。いよいよ心身が我慢の限界ギリギリの状態まで気が付かない。セキュリティが甘々のPCようだが、あえて鈍感にすることで、外部からの少々の負荷では感じず、それよりも日々の生産性と、快適性を最優先させた体質なのかもしれない。なので、非常事態宣言が出たときには結構な症状が一気にドカンとやって来る可能性があります。これを足して2で割れば丁度良いのに、と前も書きましたが、実は僕なりにそれを毎日実践しています。10段階の4~6あたりにチューニングを合わせる方法なのですが、それは、身体のほぐしと、座禅です。なんだよ~、そんなことかよ~。って思うかもしれませんが、これが結構効果ありますよ。詳しくは、心と身体のチューニング2でお話ししたいと思います♪