デジタル紙芝居はじめました♪

紙とペンを、タブレットとタッチペンに持ち替え、練習を兼ねてひとネタ描いていく、落書きのようなコーナー!まあ暇つぶしにでも見ていってください|д゚)

BGM『テーッテレ、テテテ、テテテテテテ、テテテテテテ、テーッテレ、テテテテ~~~♬・・・(以下略)』

魔王『クックック・・勇者よ、よくぞここまできたな、ほめてやろう!ところで、ここで一つ提案があるのだが・・・』

勇者『世界の半分をお前にやるから、俺の手先になれ!・・とかいうくだりはよそでやってくれ。このくだらない話しを早く終わらせたいんでね・・』

魔王『生意気な若造め!お前ひとりの力でこの魔王が倒せるとでも思っているのか?』

勇者『俺は一人じゃないさ、仲間も一緒だ!!』

魔王『こしゃくな!!勇者ともども闇に葬り去ってくれるは!!!!』

勇者『みんな、力をかしてくれーー!!』

戦士『おう!!打撃戦なら俺に任せろ!』

勇者『俺の背中はお前にあずける!』

魔導士『私は魔法で相手の魔力を封じるわ!』

勇者『この闘いには君の力が必要だ、頼りにしてるぞ!』

整体師『僕は後方から、皆さんの健康と健闘を応援致します~♪』

勇者『う・・うん、よろしく!』

勇者『いくぞーーー!!』

一同『おおーーーーーー!!!』

こうして、魔王との決戦の火ぶたは切られた・・・・

魔王との戦いは熾烈を極めた。みんな傷つきながらも、連携の取れた攻撃で、じわじわと魔王を追い詰めていく!

勇者『必殺ア○○ストラッシュ!!!』

魔王『グフッ・・それがお前の精一杯か・・?』

戦士『光になれーーー!!!』

魔王『ヌーー・・ぬるいは!!』

魔導士『これでも食らいなさい!ドラ○スレイ○!!!』

魔王『ムググ!・・・笑止!!!』

整体師『命大事に~~!いや、むしろガンガンいこーぜ~~!』

魔王『・・・・・・?』

いつ終わるとも知れぬ社畜さながらの、過労死ギリギリの戦闘もついに、原付バイクの音とともに3日目の朝刊がポストに入る頃、ようやく終わりの時を迎えた。

勇者『これでとどめだ!』

勇者が渾身の力を込めて振り下ろした聖剣が、魔王の身体を閃光のように切り裂いた!!

魔王『グワーーー!!!!このままでは終わらんぞーーーー!!!』

断末魔の声をあげて、バッタリと崩れ落ちる魔王。

一同『やったぞーー!ついに魔王を倒したーー!バンザーーーイ!!!』

勇者『いやー、みんなのお蔭でどうにか世界を救えたよ、ありがとう!』

戦士『おれ、故郷に帰ったら『私はこうして魔王を倒した』って自伝書く。これは未来永劫語り継がれる、大ベストセラーになるぞ!ヌハハハハハ』

魔導士『ウフフ、わたしはこれを最後に、魔導士なんてキツイ、わりに合わない仕事なんかやめて、王様からもらったご褒美で南国に島一つ買って、死ぬほど優雅に暮らしてやるわ~♪オホホホホ』

勇者『俺なんか、もう魔王討伐前に、各社からCM契約やら番組出演やら決まってるし、王様の箱入り娘と婚姻交わしてるし、もう平民とは次元の違う生活が約束されてる感じでさー・・っておい、整体師なにしてんだ?魔物とはいえ、さすがに亡骸の上に乗って、インスタに『魔王討伐ナウ』とかアップしたら炎上するからな!』

整体師『いや~、そうじゃなくて。ホントに魔王を倒したのか、直接触って確かめようかな~って思いまして(^▽^;)』

3人『・・あ・・そうなんだ・・・』

(なんだあいつ、みんなが盛り上がってんのに・・っていうかあいつ戦闘に参加してたか?というかあいつ必要か?というかそもそも誰なんだ?だれが仲間にしたんだ?・・・)

整体師『魔王さん、生きてますかー?』

魔王『・・・・・・・・・・・・・・』

へんじがない。ただのしかばねのようだ・・・

整体師は、おもむろに魔王の背中にウンコ座りをすると、精神を集中させ、全身のエネルギーを両手の親指に収束させはじめた・・・そして、その親指を、魔王の胸椎4番の両サイドにピタリと合わせると・・・・

『ハ――――――ッ』という気合とともに、親指に凝縮されたエネルギーを、魔王の身体に一気に叩き込んだ!!

3人『????????????・・・なにしてんだ、あいつ?』

三人が呆然とその様子を見ていると、

『ドクン・・ドクン・・』

地の底から突き上げるような、低く力強い鼓動が・・・・ゆっくりと、そしてだんだん早く、息絶えたはずの魔王の背中から響き始めたではないか!!

3人『『えっ!!!・・・まさか!!!・・・ウソだろ!!!』』

整体師『ダメかな?って一瞬思ったけど、間に合って良かった~。ふ~、いい仕事したぜ~♪』

3人『整体師、おまえ一体何しやがった!?』

整体師『え?何って、極端に心臓が弱ってるみたいだから、胸椎の4番を全身全霊で調整してみたんですけど・・・』

3人『おバカーーーーーーーー!!!』

魔王は、整体師のエネルギーを受けて、活性化して息を吹き返した!!

真魔王『礼を言うぞ、整体師・・』

整体師『いやいや、これも現場に居合わせた御縁というやつですので、お気遣いなく♪』

3人『うわあー、なんかすげームカつく顔してる!それに、前の魔王よりむちゃくちゃ元気になってるし、肌のツヤもいいし、しかも原型がわからんくらい進化しとる!』

真魔王『さあ、勇者たちよ、改めて死合おうではないか、フハハハハハハハハハハ!!』

整体師『いや~、すっかり元気になってよかったよかった♪』

勇者『みんな・・もう戦う余力はないの分かってる、でも、最後にアイツだけは始末しときたいんだ・・いいかな?』

戦士『ああ、俺も同感だ・・』

魔導士『ええ、私も手伝うわ・・』

整体師『あれ、皆さんなんでそんな怖い顔して近づいて来るんです?武器なんか振り上げて、魔王はあっちですよ・・え、え、うそでしょ?仲間じゃないですか?やめてーー!!ギャーーー!!』

その後、この勇者たちの姿を見たものは誰もいない・・・

                完


【整体豆知識】胸椎の4番は心臓の要(かなめ)

首の付け根にボコッと大きな骨が出てると思いますが、それが頸椎の7番。そこから下が胸椎で、1,2,3、と数えて4番目に当たる場所。ここは心臓の働きを司る重要な椎骨です。他にも食べ物の嚥下作用(飲み込み)と関係のある場所でもあります。

寒さが身に染みる季節や、日頃から食べ過ぎ飲み過ぎて心臓に負担をかけてる方、高齢の方などを整体する際は、胸椎4番の左右の筋の硬さや、盛り上がり等に気をつけて診ておきたいポイントです♪

・・・・って、これを言うためだけに、時間かけたな~(^▽^;)

また、ネタを思いついたら、随時更新していきたいと思います。最後までお付き合いいただき有難うございました!

※イラストは自由に印刷して子供達の塗り絵にでも使っていただいても結構です♪まあ、ニーズがあればですけど・・・